タック入りのシャツワンピース

DSC_1502s.jpg




______________________________________________

服の声


この洋服の最初のカタチができたのは

5年半前のこと。

毎年作っているけれど、サイズ感、縫製仕様、ポケットをプラスしたりと

使い手の皆さんの声を拾い上げて変わり続けてきました。

一番最初にイメージした

 “牧歌的な風景に溶け込む服” ということだけは変えずに…。

出来上がりも終盤に差し掛かってくる頃、

衿を付けて…、ボタンを付けて…と作業していると

服たちの声が聞こえてくるよう。

服それぞれに違う性格を感じながら、

終盤はいつも耳を澄まして声がするのを

手を進めながら待っているのです。

子供のようで恥ずかしい話かもしれませんが、

きっと使い手の皆さんにも声が届くのだと本当に信じていたりするのです。


_______________________________________ 




DSC_1504s.jpg



material : cotton-linen
      白蝶貝ボタン


ゆったりとした前明きのワンピース。
裾まで明きがあるので一枚では着れませんが、
羽織物としても着れるので、前を開けたスタイルもできます。
コットンリネンキャンバスを使用しているので、
程よく厚みがあります。
このくらい厚みがあると
洗濯ですぐへたれずに長く着て頂けるかなと思います。

ボタンは白蝶貝。
天然の貝ならではで、
白かったり、少し黄味帯びていたり、
一番は光当たると煌めく色がとても綺麗なのです。
ずっと使い続けているボタンです。

上のお話にもあった通り、
牧歌的な風景に…と思いつくったもので、
後ろ衿下には 「Farmer」 とペンでさっと書いたような
刺繍を入れました。

どなたさまかの暮らしのお供になればと願って送り出します。



DSC_1505s.jpg



秋の展示にて

+ 工房から風 【千葉】
  10/13(土)・14(日)
+ 個展 / 白灯 【大阪】
  11月 (連休ころ)
+ アトリエ展示 【埼玉】
  12月初め予定
関連記事