スカラップ袖のワンピース

DSC_1552s.jpg
<スカラップ袖のワンピース>
material : linen , cotton







服とその物語 vol.5


「積み重ねて」


いつの頃からなのか、、、全く思い出せないのだけど、

「刺繍のある服」

が私の作るもの(洋服)を特徴づける一つになっていた。

刺繍というと、アメリカンカントリーを思わせる家や人、動物の

クロスステッチやヨーロッパのホワイトワーク(白糸刺繍)、

東欧のカラフルな花たちのチャロカ刺繍、

インドの着古したサリーを重ねて刺繍したカンタ、

日本の東北の刺し子も。。。


私のはホワイトワークからの影響が強いかなと思いますが、

覚えた刺繍方法をどのような形で使うのかは自由が広がっています。

刺繍方法も必ず洗濯をする洋服のために、

自分なりに変えてみたりしています。

この袖口のスカラップ刺繍(カーブの連なり)は、

色糸が並ぶ姿がたまらなく好きです。

控えめな刺繍の色も私の作る「刺繍のある服」の特徴かな…

と思ったり、こうして書きながら色々思うのです。

そして。いつか殻を破ったような刺繍もしてみたい。










DSC_1553s.jpg




DSC_1556s.jpg
material : wool etc , linen



首回りにストールをかけたようなデザインの衿です。
素材は身生地が黄色のリネンは、コットンダブルガーゼを、
身生地がウールのものは、リネンダブルガーゼを使っています。
どちらもふんわりしています。
デザイン性だけでなく、
どの季節も、首回りの日焼け防止と汗の吸収に活躍してくれています。
中にタートルを着たり重ね着すると、長い間使えると思います。

途中からお客さまの希望もあって、
一つだったポケットを両脇に付けました。

ふんわり包まれる感覚。
なぜだか安心するから不思議です。


関連記事